お城

福知山城 【福知山市】
福知山城(春).JPG

明智光秀は、織田信長の命をうけ、丹波一帯を平定し、この地にあった横山城を改築し福知山城と改名しました。光秀は、亀山城を居城としていたので、甥で女婿にあたる明智秀満を置きました。

市街地を一望する福知山盆地の中央に突き出た丘陵の先端地にあり、その地形の姿から臥龍城とも呼ばれています。
現存する石垣には、近在の寺院の石を集めた形跡を見ることができます。また、市内の寺院には、移築された山門が残されています。
田辺城 【舞鶴市】
田辺城と桜.jpg

この地を平定した、細川幽斎によって築城されました。幽斎は、宮津城を居城としていましたが、「本能寺の変」がおこると家督を忠興に譲り、名を幽斎と改め、この地に隠居しました。東西に川、北には海湾、南には沼地、二重・三重の堀、塁壁を四方に廻らせ平城ながら輪郭式の堅固な城であったといわれています。 関ヶ原の合戦の時には、手勢500名で籠城し、1万5000の兵をこの地に釘付けにし、東軍の勝利に貢献したといわれています。

山家城址 【綾部市】

綾部市 山賀城址公園山家城は、本能寺の変の後に谷衛友が築城し、谷藩政の中心地でした。関ヶ原の戦いにおいて、衛友は西軍に属し細川幽斎の田辺城の包囲に加わりましたが、歌道の師匠であった幽斎に内々に通じていたため、戦後も徳川家康から所領を安堵されました。

丹波平定の際、城主の和久氏は明智光秀に降伏しましたが、城の破却命令には寺であると応じず、ついには光秀に追討されました。 
宮津城跡(址) 【宮津市】

太鼓門.JPG

天正8年に丹後を平定した幽斎が、築城し、居城としていました。「本能寺の変」の後は忠興の居城でした。

宮津小学校正門には馬場先御門の太鼓門が残っています。また、近年の調査で地下に遺跡が残っていることも確認されており、大手川沿いには城壁が復元されています。

 

亀山城 【亀岡市】

亀山城.JPG天正6年、この地方を平定した光秀によって、築城されました。三層の天守が構えられ、現在の亀岡市の基礎が築かれました。
その後も、慶長14年、天下を手中にした徳川家康は天下普請として藤堂高虎に縄張りを命じ、西国大名を動員し、近世城郭として亀山城を大修築しました。  

小高い丘には石垣が、南郷公園には、南郷池と呼ばれている亀山城のお堀が今も水を湛え、 新御殿門が千代川小学校に、城門のいくつかが市内の寺院に移築されています。

勝竜寺城 【長岡京市】

勝竜寺城 tate.JPG慶応2年に細川頼春によって、築城されたといわれています。元亀2年(1571)織田信長より細川藤孝(幽斉)に与えられました。信長の命により、藤孝によって城の改修がおこなわれます。中心部には、本丸と沼田丸があり、二重の堀をめぐらせた堅固なものでした。鉄砲の時代に対応した先駆的な築城技術を用いており、城郭史上でも貴重なものとなっています。本丸内にある4本の井戸のうち3本が藤孝の時代のもといわれています。北東の神足神社付近には、土塁や空堀の跡が現存しています。

また、明智光秀の三女ガラシャが、細川藤孝の嫡男忠興に嫁ぎ、新婚時代を過ごした城として有名です。

黒井城跡 【丹波市】

丹波市黒井城跡明智光秀と激戦を繰り広げた、赤井直正の居城。 標高356mの山城であり、本丸を中心に、数多くの砦、曲輪跡がある。 赤井氏滅亡後は、斉藤利三、堀尾吉晴の居城となった。 現在は、軽易な登山コースとして人気があり、数多くの登山者で賑わっている。

▲このページのトップに戻る